製品・商品情報

Gemini 型界面活性剤

製品概要

2鎖2親水基型合成界面活性剤で、従来の活性剤と比べ極めて低いcmc(臨界ミセル濃度)・低いクラフト点・耐硬水性などの特長の他、起泡調整剤やゲル化剤として特異な性質を示します。

Gemsurf (ジェミサーフ)は2鎖2親水基型合成界面活性剤として弊社開発中の試 作品です。α142はその中のジカルボン酸型代表グレードです (アルキル基=ラウリル)

gemini1.gif

Gemsurf (ジェミサーフ)α142は2つの炭化水素鎖(ラウリル基)を有するジカルボン酸で、 種々のアルカリと中和する事により優れた界面活性を示します。

Gemsurfα142 の特徴

  • 通常の1 鎖型界面活性剤に比べ、臨海ミセル濃度 (cmc) が小さい。
  • 表面張力低化能 (γcmc) に優れる。
  • 湿潤力、浸透力、乳化力、分散力、金属イオンに対する耐性、起泡特性、皮膚刺激性,抗菌力、洗浄性などに優れる。
  • 二分子膜ベシクルなど、ミセル以外の高次集合体が比較的得易い。

Gemsurfα142 の性状

  • ジェミサーフα142:ラウリル基 (C12) を2 つ有するジカルボン酸で、高融点(93-96℃)、高純度(>90wt%)な白色粉末です。アルカリと中和することにより水溶性になり優れた界面活性を示します。又溶剤に溶解可能で溶剤系無機物の分散能を持っています。
  • ジェミサーフα142 以外にアルキル基を変えたものとしてα102 (C10) 、α182 (C14) も試作可能です。
  • ジェミサーフα142 の中和塩のサンプル対応も可能です。

用途

  • ジェミサーフα142 を中和塩にすることで水系界面活性として乳化性、分散性、起泡安定性、洗浄性があり、香粧品、洗浄剤、産業用分野で使用することができます。
  • ジェミサーフα142 は溶剤可溶型で溶剤系での使用することができます。
  • 新規の脂肪酸として乳化剤・分散剤・濡れ剤・泡安定化剤・可溶化剤・樹脂、ワックスへの添加剤・改質剤などに使用することができます。
ページトップへ戻る